看護学校にまつわるエピソード

少子高齢化の時代では、医療はとても有望な就職先になります

看護学校にまつわるエピソード
● 男性 38歳
少子高齢化の時代では、医療はとても有望な就職先になります。もちろんそのひとの適性もありますので、相手のことを思いやれるような人柄なら看護師を目指してみたいものです。

まず看護師になるには、看護学校で看護資格を取得する必要があります。技術だけでなく、学問として体系的に学ぶことも大切です。
その結果、実際に医療の現場で役立つ人材となりたいものです。
また看護の専門学校だけでなく、福祉学部のある学校に通うのも選択肢として有ります。
ただ看護師になるという目的のほかにも、幅広い分野の一般教養を学び、またサークル活動などの余暇をいっそう楽しむ機会があります。医療現場で活躍するという目的が第一だといえますが、ひとりの人間として見た場合、より深い知識を持ち合わせていることが人生に深みが出ることになります。
ともに学んだ仲間とはいつまでも交流が続くことでしょう。同じ医療の現場で働くという共通の経験を持つので、とても話が通じやすいものです。

入院した時に、看護学生の実習で私の担当になってくれた人がいました

● 男性 55歳
入院した時に、看護学生の実習で私の担当になってくれた人がいました。
私の病気である糖尿病について詳しく調べ、こちらもはじめて糖尿病についての合併症について学ぶきっかけができました。
血圧を測定したりするのは、どこかぎこちない感じですが、丁寧に測定してもらえ、良き実習になるよう、私もお手伝いできたかも知れません。
そのうち知人が看護学校に入学したと聞いたので、国家試験の合格まで頑張るよう伝えました。
看護師さんは、病棟に勤務した場合など不規則な労働で時間外または深夜の見回りなどもあり、収入には結びつくでしょうけど、それだけやり甲斐のある仕事だと思っています。社会保障の年金など優遇される反面、患者さんによっては言うことを聞いてくれない人もいるかと思いますが、白衣の天使として日夜、頑張ってもらいたいと考えます。
看護学校では病理、解剖、衛生、生理など医学的な勉強が大変だと思いますが、就職率も高いと思うので、国家試験の合格まで死にもの狂いで勉強して欲しいです。

お役立ち情報

Copyright 2016 看護学校にまつわるエピソード All Rights Reserved.